コールマン タフスクリーン 2ルームハウス【7種類】おすすめ順にランキング!MDXやLDXなど違いも解説!

キャンプ道具
記事内に広告が含まれています。
あおちゃん
あおちゃん

こんにちは、ファミリーキャンパーのあおちゃんです。

【ファミキャン情報局】筆者プロフィール
キャンプスタイル:家族4人(私・夫・長男6歳・次男4歳)でファミキャン。
キャンプ歴:2020年9月に初キャンプ。月に1~2回の頻度でキャンプへ。
ファミリーキャンプを楽しく!快適に!コスパよく!するための情報を発信中!

 

キャンプでなくてはならないものと言えばテントですが、そんなテントの中でもとくにファミリーキャンプに人気なのが2ルームテント

2ルームテントとは?

寝室とリビングの2部屋を備えているテントのこと

ファミリーキャンプは荷物が多くなりますが、2ルームテントはリビングがあるため、荷物を置ける広々としたスペースが確保できます。夜中はテント内のリビング部分に荷物を置けるため防犯面で優れます。

さらに、テントとタープが一体となっているものを選べば、別途タープを設営する手間が省けます。

あおちゃん
あおちゃん

大きめサイズのテントですが、設営の手間が少なく、ファミリーキャンプをする方におすすめです。

そして、2ルームの中でも、特に人気があるのが「コールマン タフスクリーン2ルームハウス」!機能性・デザイン性・コスパの良さに加えて、長年にわたる実績があり、修理などのサポート体制も充実。

我が家も2年以上使用していますが大満足しています!

そんなコールマンのタフスクリーン2ルームハウスですが、調べると似たような名前のものがたくさん出てきます。

それもそのはず。コールマンは毎年、改良モデルや限定モデルなどを出しており、2ルーム~という名前のテントがかなり多いです。

おっと
おっと

多すぎて違いが分かりづらい…。どれを選べばいいんだー?

そこで今回は、コールマンの2ルームハウスの違いについて、分かりやすく比較してみました。

どれを選べばいいのか決めることができるようになりますので、ぜひご覧ください~!

この記事がおすすめな方
  • 初心者ファミリーキャンパー
  • コールマンのタフスクリーン2ルームテントの違いを知りたい方
  • コスパの良いファミリー用のテントが欲しい方

 

スポンサーリンク

コールマン 2ルームハウスの違い

「タフ」「マスター」「ダークルーム」の違い

2022年8月時点で、コールマンの2ルームハウスは大きく分けて、「タフシリーズ」「マスターシリーズ」「ダークルームテクノロジー(+)」の3タイプがあります。

 

タフシリーズ
(タフスクリーン)
ノーマル。価格がお手頃。
ダークルームテクノロジー
(+)
日光による温度上昇を抑える技術をタフスクリーンに搭載。テント内は日傘の下にいるように涼しいため、夏キャンプに最適。
マスターシリーズ
(コクーン・カーブ)
雨にも冬にも強い作り。価格が高い。

ファミリーキャンプ初心者の方には、タフシリーズか、ダークルームテクノロジーがおすすめです

マスターシリーズは雨や冬に強い高規格ですが、価格が10万円超と価格のハードルがあります。一方、タフシリーズやダークルームテクノロジーは高機能でコスパも抜群です。

おっと
おっと

いつかマスターシリーズをGETしたい!

以前は「ラウンドスクリーン(タフスクリーンの旧モデル)」や「トンネルシリーズ(大きなリビングが特徴)」もありましたが、現在はコールマン公式ショップでは販売終了となっています。Amazonに出ていたりもしますが、価格が発売時より高くなっているものが多いです。そのため、正規の値段で性能もアップしている新しいモデルの購入をおすすめします。

 

タフスクリーン 2ルームハウスの種類

初心者ファミリーキャンパーにおすすめな「コールマン タフスクリーン 2ルームハウス」ですが、ネットで調べると、似たような名前の商品がたくさん出てきます。

ここでは、それらを分かりやすく表にしてみました。※マスターシリーズは上級者向けなため、今回は外してあります。

テント 特徴


タフスクリーン2ルームエアーMDX+ 従来のMDX+から、さらに涼しく
タフスクリーン2ルームエアーLDX+ 従来のLDX+から、さらに涼しく
アテナ タフスクリーン2ルームハウス(タン) 2021年 スポーツオーソリティ限定カラー
タフスクリーン2ルームハウス(ダークグレー) 2021年 ナチュラム限定カラー
タフスクリーン2ルームハウスMDX 寝室部分がクロスフレームに変更
タフスクリーン2ルームハウスLDX+ MDXよりリビング部分が広い・涼しい
タフスクリーン2ルームハウスMDX+ 寝室部分がクロスフレームに変更・涼しい
タフスクリーン2ルームハウス(オリーブ/サンド) 2018年 秋冬モデル・筆者保有
タフスクリーン2ルームハウス(オリーブ/ブラウン) 2018年 ナチュラム限定カラー
タフスクリーン2ルームハウス+ ダークテクノロジー搭載モデル
タフスクリーン2ルームハウス(バーガンディ) 2017年 秋冬モデル
タフスクリーン2ルームハウス(サンド) 従来のラウンドスクリーンより、設営が簡単
用語集

  MDX  
Mサイズのデラックス。
従来モデルの寝室はロープで張らない限り自立しなかったが、MDXは寝室にもリビング同様にクロスフレームを採用したことにより、建てやすくなった。また、従来の寝室は台形だったが、MDXは長方形になり、グランドシートやインナーシートも汎用性のあるものを使えるようになった。

  LDX 
Lサイズのデラックス。
MDXより、特にリビングが広い。

  +  
ダークルームテクノロジーで、テント内は涼しく快適。寝室部分はかなり暗い。

 エアー 
ダークルームの機能に加え、ワイドエアメッシュで通気性が向上。

 アテナ 
スポーツオーソリティ限定モデル。

 

タフスクリーン 2ルームハウス【7種類】ランキング~!

2022年8月時点、Amazonなどのネットショッピングでコスパ良くで購入できるコールマン タフスクリーン2ルームテントは以下の7種類です。数年前のモデルは価格が高騰しており、よっぽど気に入ったものではない限り、おすすめしません。

あおちゃん
あおちゃん

我が家が愛用している「オリーブ/サンド」は2018年モデルで、すでに販売終了していました。

おっと
おっと

 

1位 タフスクリーン2ルームハウス MDX

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥51,054 (2024/04/18 07:39:24時点 Amazon調べ-詳細)

従来の「コールマン タフスクリーン2ルームハウス」は、初心者でも設営しやすく、また機能性やデザイン、使い勝手も抜群なので、ファミリーキャンプに大人気でした。

ただ、寝室部分が自立しなかったり、台形なのでグランドシートとインナーマットの向きに悩んだり、リビング部分にランタンハンガーがなかったりなど、ちょっと悩ましい点もありました。

あおちゃん
あおちゃん

我が家は従来モデルですが、下の画像のように設営時に寝室部分が自立しないので、ロープを張る際に若干手間取ります。

寝室部分がロープを張らない限りぺちゃんこ

しかし、2020年以降、そんな悩ましい点を解決したテントが発売されることになりました!それこそが、「コールマン タフスクリーン2ルームハウス MDX」

寝室部分がクロスフレームで自立するため、従来モデルに比べて建てやすく、また、寝室部分の形も台形から長方形になり、広く使いやすくなりました。リビング部分にもランタンハンガーが付き、夜でも明るく快適に過ごすことができます。

コスパ重視ならこれが一番おすすめです!

基本スペック

本体サイズ : 約560×340×215(h)cm
インナーサイズ : 約300×250×175(h)cm
収納時サイズ: 約φ32×74cm

重量   : 約17kg
耐水圧
  : 約2,000mm
定員   : 4~5人用

 

2・3位 タフスクリーン2ルームエアー MDX+・LDX+

クロスフレームで建てやすく、ダークルームで暗くて涼しい、2022年最新モデル。

ワイドメッシュにより、従来モデル(タフスクリーン2ルームハウス MDX+・LDX+)と比べ、通気性が1.5倍向上。また、別売りのファンを使うことで、換気機能も大幅にアップし、スピード冷却が可能になりました。

夏もキャンプに行くファミリーや暗くないと安眠できない方におすすめです。

4人家族ならMサイズ(MDX+)で十分かと思いますが、リビングを広く使いたいというファミリーにはLサイズ(LDX+)がおすすめです。

出典:コールマン公式HP
基本スペック

本体サイズ :【MDX+】約560×340×215(h)cm 【LDX +】約610×365×220(h)cm
インナーサイズ :【MDX+】約300×250×175(h)cm 【LDX +】約300×250×185(h)cm
収納時サイズ:【MDX+】約φ34×74cm     
【LDX +】約φ34×75cm
重量   :
【MDX+】約20kg         【LDX+】約21kg
耐水圧
  : フライ/約3,000mm(寝室)約2,000mm(リビング) フロア/約2,000mm ルーフ/約3,000mm
定員   : 4~5人用

 

4・5位 タフスクリーン2ルームハウス MDX+・LDX+

建てやすく、暗くて涼しいテント。

テント内は快適に過ごしたいけど、予算的に最新モデルのタフスクリーン2ルームエアーはちょっと…という方におすすめです。

基本スペック

本体サイズ :【MDX+】約560×340×215(h)cm【LDX +】約610×365×220(h)cm
インナーサイズ :【MDX+】約300×250×175(h)cm【LDX +】約300×250×185(h)cm
収納時サイズ:【MDX+】約φ34×74cm
【LDX +】約φ36×75cm
重量   :
【MDX+】約19.5kg【LDX+】約20kg
耐水圧
  : フライ/約3,000mm(寝室)約2,000mm(リビング) フロア/約2,000mm ルーフ/約3,000mm
定員   : 4~5人用

 

6位 タフスクリーン2ルームハウス (ダークグレー)※2021年モデルは完売、新モデルあり

ナチュラム 2021年限定モデル。寝室部分は従来モデルと同じく台形で自立しません。

色が気に入った!という方におすすめです。

基本スペック

本体サイズ : 約540×340×215(h)cm
インナーサイズ : 約320×230×170(h)cm ※台形
収納時サイズ: 約φ30×74cm

重量   : 約16kg
耐水圧
  : 約2,000mm
定員   : 4~5人用

↑2021年モデルは2023年8月時点では完売していました!

代わりに、寝室が長方形になった新モデルが発売しています(MDX)

Coleman(コールマン) 【限定カラー】タフスクリーン2ルームハウス/MDX ダークグレー 2193999

ただし、価格がノーマルカラーに比べ倍近くするため、ダークグレーがめっちゃ気に入った!という方におすすめです。


7位 アテナ タフスクリーン2ルームハウス(タン)

スポーツオーソリティ 2021年限定モデル。渋めのカラーと、強度のあるリップストップ生地が特徴。寝室部分は従来モデルと同じく台形で自立しません。

色が気に入った!という方におすすめです。

基本スペック

本体サイズ : 約540×340×215(h)cm
インナーサイズ : 約320×230×170(h)cm ※台形
収納時サイズ: 約φ30×74cm

重量   : 約16.5kg
耐水圧
  : 約2,000mm
定員   : 4~5人用

 

スポンサーリンク

まとめ

キャンプ道具の中で、特にテントは値が張るため後悔しないものを選びたいですよね。

私も絶対後悔したくない!という思いで、テント選びでは2ルームテントを中心に調べ尽くしました。

我が家が辿り着いたのが「コールマン タフスクリーン 2ルームハウス」。2年以上使用していますが、快適性・耐久性・デザイン性、どれをとっても素晴らしく、コスパも最高で、全く後悔のないテントです。詳しいレビューはこちら▼

コールマン『タフスクリーン2ルームハウス』を徹底レビュー!【ファミリーキャンプには2ルームテントがおすすめ】

コールマン『タフスクリーン2ルームハウス』を徹底レビュー!【ファミリーキャンプには2ルームテントがおすすめ】
あおちゃん こんにちは、あおちゃんです。   ファミリーキャンプ用のテントは、大きいため金額もそこそこします。ちょっとうちには合わなかったから買いなおそ~なんてことはなかなかできません。 つまり、テント選びは失敗しないよう、事前のリサーチが...

「タフスクリーン 2ルームハウス オリーブ/サンド」はすでに販売されていませんが、さらに高機能のMDXやダークルームを選べば間違いありません。

 

ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ道具(ギア)21選をまとめました。ファミリー向けのキャンプ道具を徹底リサーチして厳選してますので、ぜひご覧ください▼

【初心者ファミリー必見】おすすめキャンプ道具21選!コスパ最強ギアを厳選!

【初心者ファミリー必見】おすすめキャンプ道具21選!コスパ最強ギアを厳選!
あおちゃん こんにちは、あおちゃんです。   キャンプの楽しみでもあり、ハードルにもなるキャンプ道具(ギア)の準備。 キャンプ道具を選ぶときは、実際に使うところを想像してとてもワクワク。一方で、どんなキャンプ道具が必要か、どの商品がいいかな...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。最高のキャンプライフを!

タイトルとURLをコピーしました